神明の花火2017日時と見所!駐車場や屋台情報もチェック

山梨県の市川三郷町で開催される【神明の花火大会】は2017年で第29回目。今年の開催日程や花火の打上げ時間をはじめ、駐車場や屋台はあるのか、など花火大会の見所や気になる情報についてチェックしていきます。
 


スポンサーリンク

第29回神明の花火大会の開催情報について

今年2017年の神明の花火大会は、8月7日(月曜日)に開催。時間は19:15~21:00と予定されています。会場は、三郡橋下流笛吹川河畔。JR身延線「市川大門駅」から徒歩で約10分でアクセスできます。なお、大会は雨天決行。荒天の場合は8月8日か9日のどちらかに順延予定となっています。
 

2017神明の花火大会の見所について

神明の花火大会では、約20,000発の花火が打ち上げられる大スケールのプログラムを予定。尺玉や水中花火など色とりどりの花火が夜空を華やかに彩ります。ストーリー性のあるプログラム構成が見ものなので、当日はどんな演出が繰り出されるのか最後まで見逃せません!水中花火は川の近くの方が見えやすいので、できるだけ見やすいスポットを早めにGETしておきましょう。
 

神明の花火大会の駐車場や屋台情報について

神明の花火大会の会場周辺には、約20箇所・計4,300台収容可能な無料駐車場が用意されています。ただし、当日は会場周辺とJR市川大門駅周辺の交通規制が入り、早い場所だと14:30には車両の通行規制が始まってしまうので、車でお出掛けの場合は出来るだけ早く、できればお昼前には会場入りすることをオススメします。また、屋台については、昨年の実績では約75店舗の出店があったそうなので、今年も同じくらいの数の屋台が出るかと思われます。屋台グルメと花火で、夏の楽しいひと時を!
 

スポンサーリンク


 

コメントは受け付けていません。