西湖花火大会2017駐車場や屋台など開催情報について

山梨県の富士五湖の1つ「西湖」で開催される【西湖竜宮祭花火大会】は、湖畔の涼しさと幻想的な雰囲気を味わえる魅力的なイベント。花火をゆったり観覧できる穴場的な大会の1つでもあります。早速、2017年の日程や花火の打上げ時間をはじめ、駐車場など開催情報についてチェックしていきます。
 


スポンサーリンク

2017西湖竜宮祭花火大会の開催情報について

2017年【西湖竜宮祭花火大会】の開催日程は、8月2日(水)・花火の打上げ時刻は19:30~20:00を予定(※小雨決行・荒天中止)。会場は、西湖前浜(南都留郡富士河口湖町西湖263)。最寄駅は、富士急行線「河口湖駅」。駅から離れた場所にあるため、公共交通機関でアクセスする場合は富士急行レトロバス「西湖・青木ヶ原行き」に乗り継ぐことになりますが、この場合「花火大会が終了した後のバスが無い」という事態になるため、車でのアクセスが無難かと思われます。なお、車の最寄インターは、中央道「河口湖IC」となります。
 

西湖竜宮祭花火大会2017の駐車場情報について

西湖竜宮祭花火大会の当日には、会場の近くに来場者用の駐車場(約100台・無料)が用意される予定。他にも西湖の湖畔には駐車場がありますが、会場近くの駐車場はあまり多くはなく、例えネットに掲載されている駐車場でも現在すでに閉鎖されているという不確定要素もあったりするので、余裕を持って早めにお出掛けするのがオススメです。
 

西湖竜宮祭花火大会2017の見所や屋台について

西湖竜宮祭花火大会では、約700発の花火が打上げ予定になっています。数自体は少ないですが、湖に浮かぶ約500個の「灯篭」と花火が幻想的な情景を作り出すので必見。花火はイカダから打ち上げられるので、広範囲からの観覧が可能ですが、灯篭の温かみのある光も一緒に見るなら、できるだけ湖の近くでの観覧がオススメ。屋台については、例年5店ほど出店しているそうなので、小規模ながらお祭り風情も楽しめます。
 

スポンサーリンク


 

コメントは受け付けていません。