玉村花火大会2017屋台や駐車場など開催情報をチェック!

群馬県玉村町で開催される夏の風物詩【たまむら花火大会~田園夢花火~】は、今年2017年で第29回を迎えます。さらに今年は、町制施行60周年という記念すべき年なので、何か特別な演出があるのかも気になるポイント。早速、今年の日程や花火の打上げ開始時間をはじめ、屋台や交通規制など、花火大会の気になる情報を見ていきます。
 


スポンサーリンク

2017玉村花火大会の開催情報について

2017年【第29回たまむら花火大会】の開催日程は、7月15日(土)。花火の打上げ時間は19:50~約1時間程度を予定。会場は、玉村町上陽地区(常用小学校西側)に設置される予定です。アクセスは公共交通機関の場合、JR高崎線「新町駅」よりバス「玉村町役場行き」に乗車し約25分・終点下車後、徒歩20分ほど。駅から離れているため、歩きやすい靴でのお出掛けがオススメです。お車の場合、最寄インターは「前橋南IC」となります。
 

玉村花火大会2017の見所や屋台情報

群馬県内の花火大会の中でも先陣を切って開催される【たまむら花火大会】。2017年は、およそ10,000発の花火が打上げ予定になっています。プログラム内では、趣向を凝らした花火が続々と登場!とくに見所となっているのは、4色の層が美しい「四重芯菊」と呼ばれる花火。他ではなかなか観られない珍しい形をしているので必見です。なお、屋台については毎年約20店ほどの露店が出ているので、現地で食べ物・飲み物の調達もできます。花火を観ながら、屋台グルメもぜひ楽しんでみてください。
 

玉村花火大会2017の駐車場や交通規制について

玉村花火大会の会場付近には、来場者用に約2,000台が入れる無料駐車場が用意される予定になっています。ただし、駐車場は例年17:00頃には満車になってしまううえ、夕方頃から会場周辺道路で交通規制も実施予定になっているため、それまでに駐車場に車を停められるよう早めのアクセスを推奨。なお、花火大会終了直後も会場周辺の道路は人と車で大変混雑するので、お帰りの際も安全には十分気を付けましょう。
 

スポンサーリンク


 

コメントは受け付けていません。