鶴岡八幡宮ぼんぼり祭2017時間や屋台など開催情報を紹介!

鶴岡八幡宮で行われる【ぼんぼり祭】は、歴史情緒ある鎌倉の有名な夏祭り。夜の境内の美しく、幻想的な雰囲気は必見。期間中は毎年、地元だけではなく日本全国から多くの人が訪れます。早速、2017年の日程や屋台、駐車場など祭りの開催情報について詳しくチェックしていきましょう。
 


スポンサーリンク

鶴岡八幡宮ぼんぼり祭2017日程など開催情報

2017年【鶴岡八幡宮ぼんぼり祭】の日程は、8月6日(日)~9日(水)の4日間。開催時間については、【8月6日:夕刻から20:30頃まで】【8月7日~9日 9:00から20:30頃まで】を予定。なお、お祭りは雨天決行となっていますが、雨の場合はぼんぼりが降納されてしまうので、観に行くなら晴れか曇りの日がオススメ。会場となる鶴岡八幡宮へのアクセスは、電車の場合「鎌倉駅」東口より徒歩約10分。お車の場合、横浜横須賀道路「朝比奈IC」より約5kmとなります。
 

鶴岡八幡宮ぼんぼり祭2017の見所や屋台の情報について

この祭りの見所は、やはり夜の「ぼんぼりのある風景」。鶴岡八幡宮の参道・流鏑馬馬場・舞殿の周りに灯りのついたぼんぼりが並び、この祭りならではの幻想的で美しい風景を観ることができます。また、ぼんぼり祭の期間中には、3つの祭事が執り行われます。8月6日(日)15:00~夏の祓いを行う「夏越祭」・8月7日(月)17:00~鈴虫を供えて秋の訪れを報告する「立秋祭」・そして、最終日の8月9日(水)には10:00~源頼朝公の誕生日を記念する「頼朝祭」を実施。(※頼朝祭については、会場が鶴岡八幡宮ではなく「白旗神社」となるので注意)なお、屋台については、数は多くはないですが鶴岡八幡宮の境内に毎年5~6店ほどは出ているので、現地で屋台グルメを楽しむことも可能です。
 

鶴岡八幡宮ぼんぼり祭2017駐車場や料金について

鶴岡八幡宮ぼんぼり祭の会場には、駐車場(有料・60分で600円)はありますが収容可能台数は40台程度と少ないです。これだと祭り期間中はすぐ満車になること必至のうえ、かなり人出も多いので、出来る限り公共交通機関でのアクセスがオススメです。どうしても車でお出掛けする必要のある場合は、鎌倉駅周辺に有料駐車場がいくつかあるので、そちらを利用するのが良いかと思われます。
 

スポンサーリンク


 

コメントは受け付けていません。