羽衣ねぶた祭2017日時や屋台など開催情報と見所を紹介!

立川市羽衣町で開催される夏の風物詩【羽衣ねぶた祭】は、今年で第19回を迎えます。本場・青森ねぶたの迫力や熱気を東京にいながら味わえるほか、青森の物産展なども予定されていて盛りだくさん。早速、2017年の日程や見所など開催情報についてご紹介していきます。
 


スポンサーリンク

立川羽衣ねぶた祭2017年の日程やアクセスについて

2017年【羽衣ねぶた祭】の日程は、8月18日(金)~20日(日)の3日間。開催時間は【18日(金)18:00~21:00・19日(土)17:00~21:30・20日(日)18:00~21:00】を予定。会場は「東立川商店街通り」(立川市羽衣町1丁目の羽衣橋のあたり~羽衣町2丁目)。アクセスはJR南武線「西立川駅」から徒歩5分程度。羽衣橋JR中央線「立川駅」からなら徒歩15分程度。近くにはスーパー「サミット」と「たましん」があるので、それを目印にすると分かりやすいかと思います。
 

羽衣ねぶた祭2017の見所や屋台情報について

立川羽衣ねぶた祭の見所といえば、お囃子にあわせて祭りの主役となる「ねぶた」が巡行する場面。人形ねぶたや扇ねぶた、瓢箪提灯ねぶたなど、多彩なねぶたが間近で観覧できます。所々で休憩をはさむので、ねぶたが止まっている間にじっくり観察してみるのもオススメ。かなり大きくて迫力があります。また、会場には屋台も出店しているので、お祭りグルメも楽しむことが可能。その他に、青森の物産展もあり、青森県自慢の品を購入できたりもするので要チェックです。
 

羽衣ねぶた祭2017の駐車場情報について

羽衣ねぶた祭の会場には駐車場がありません。また、ねぶた巡行のため、祭りの開催時間には「羽衣橋~羽衣町2丁目あたりの道路」は車両の通行ができなくなります。会場へのアクセスは、公共交通機関を利用するのが最もオススメですが、どうしても車でアクセスする必要のある場合は、西国立駅もしくは立川駅近くの駐車場をあらかじめ探しておき、そこを利用されるのが良いかと思われます。
 

スポンサーリンク


 

コメントは受け付けていません。