箱根強羅花火2017大文字焼きの時間や交通規制情報!屋台は出る?

神奈川県の箱根町で毎年恒例となっている夏の風物詩【箱根強羅夏祭り】は、2017年で第 回を迎えます。大文字焼きの温かな光&花火の華やかな光の競演は必見!早速、2017年の日程や花火の時間をはじめ、屋台や交通規制など開催情報について詳しくご紹介していきます。
 


スポンサーリンク

箱根強羅夏祭り2017の日程や会場について!雨の場合はどうなる?

2017年【箱根強羅夏祭り】の日程は、8月16日(水)・祭りの時間については、14:45~22:15を予定。開催場所は、箱根登山鉄道「強羅駅」から歩いてすぐの特設イベント会場となります。なお、雨の場合の対応については、小雨の場合は決行。荒天の場合は、大文字焼き・花火大会を8月19日(土)に延期となる予定。天気が崩れそうな場合は、傘やカッパなど雨具の携帯をお忘れなく。ちなみに、前日の8月15日(火)にも17:00~21:00前夜祭があるので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。
 

箱根強羅夏祭り2017花火や大文字焼きの時間などタイムテーブル紹介!

箱根強羅夏祭りの見所といえば、やはり「大文字焼き」と「花火大会」。時間については、19:30~大文字焼に火が灯り、花火大会が開始される予定(終了予定時刻は20:10)。打上げ数は約2,000発で、スターマインや仕掛け花火、ナイヤガラ(明星の大滝)など種類も多彩!盆の送り火「大」の字をバックに打ち上げられ、美しく夜の景色を彩ります。なお、花火の打上げ終了後には20:45~演歌歌手の神野美加さんによるスペシャルライブも開催!最後の最後まで目が離せません!
 

箱根強羅夏祭り2017屋台や駐車場はある?交通規制情報もチェック!

箱根強羅夏祭りでは、会場周辺に屋台が出店します。前夜祭(15日)は約15店、祭り当日(16日)には約40店の屋台が出店予定。焼きそば、たこ焼き、フランクフルト、わたあめ等、お馴染みの屋台グルメが楽しめるので要チェックですよ!また、16日には、強羅駅の周辺道路で交通規制が実施されます。規制の時間は18:00~21:00(イベント会場近くは11:00~22:00)を予定。この時間内は、車両の通行禁止もしくは一方通行が適用されるので、立て看板や交通誘導員の注意に従って通行しましょう。ちなみに、来場者専用の駐車場は、交通規制区域のすぐ外にある「箱根美術館の周辺」に2箇所ほど用意。収容台数は約500台で、料金は1日あたり1,000円となっています。
 

スポンサーリンク


 

コメントは受け付けていません。