月寒神社例大祭2017の日程や神輿の時間など開催情報!屋台にも注目

2018年の月寒神社例大祭の日程など開催情報は、⇒こちらの記事でご紹介しています。

札幌市豊平区の月寒神社では、今年2017年も恒例の秋祭り【月寒神社例大祭】を開催!期間中は、神輿やステージイベント・屋台など楽しい催し物が盛りだくさんで、毎年多くの人で賑わいます。早速、月寒神社例大祭の2017年の日程や時間、各種イベントのタイムテーブルなど開催情報ついて詳しくチェックしていきます。


スポンサーリンク

月寒神社例大祭2017の日程や時間・会場など開催情報!

2017年月寒神社例大祭の日程は、9月9日(土)・10日(日)の2日間。各日の開催時間については【9日(宵宮祭り)18:00~開始・10日(例大祭)9:00~開始】となり、終了時間は2日とも、おおむね21:00頃になる予定です。会場は、月寒神社の境内(住所:札幌市豊平区月寒西3条4-1-56)およびその周辺地域。月寒小学校や平和公園が近くにあるので、それらを目印に進んでいくと分かりやすいです。
 

月寒神社例大祭2017神輿の時間は?コースもチェック!

月寒神社例大祭の催し物の中でも1番の花形といえば、やはり神輿と山車の巡行。威勢のよい掛け声と、笛・太鼓の音色にあわせて市内を勇壮に練り歩きます。神輿の時間は、9月10日(日)の10:00から。山車は、9:00頃から出発を予定。神輿のコースについては、神社を出てから36号線に沿って巡行し、神社に戻っていくルートとなります。当日、お囃子の音が聞こえてきたら、近くまで行ってみましょう。
 

スポンサーリンク

月寒神社例大祭2017の屋台やイベントタイムテーブル情報!

月寒神社例大祭の期間中は、境内やその周辺に屋台が出店しているので要チェック。焼き鳥やフランクフルト、わたあめ、たこ焼き、クレープなどのグルメの他、くじ引きやスーパーボールすくいなど遊びの屋台など豊富な種類のお店があるので、縁日気分を存分に堪能できますよ。また、境内の特設ステージでは、歌や踊りのプログラムも実施。タイムテーブルは、こちら⇒【9日(土)■19:00~歌と踊りのバラエティーショー(終了予定21:00)】【10日(日)■14:00~空手演舞・栗の木太鼓・南月寒小学校ブラスバンド演奏、■19:00~歌謡ショー(出演:江川三郎・鈴木 タマリ・杉中昌司ほか)終了予定21:00】夜までたっぷり楽しめますので、こちらもチェックしてみてくださいね。
 

月寒神社例大祭のアクセスや駐車場情報について

神社へのアクセスは、公共交通機関の場合、地下鉄東豊線「月寒中央駅」からのアクセスが最も近く、出口1から徒歩約9分。お車の場合、36号線に沿って車を走らせ、地下鉄「月寒中央駅」を目指していくと分かりやすいです。また、月寒神社には駐車場がありますが、収容可能台数が少なく、期間中は神輿や山車などの出入りで混雑が予想されるため、神社の駐車場を利用するのは避けた方が無難。お車でお出掛けするなら、月寒公園の近くにある「月寒公園高台駐車場」や、地下鉄駅の近くにある「北海道建物 月寒パーキング」などを利用するのがオススメです。
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。