上手稲神社例大祭2017の日程や神輿の時間をチェック!屋台は出る?

札幌西区の神社で秋祭りを楽しむなら【上手稲神社例大祭】も要チェック!名前が「上手稲」ですが西区西野にある歴史ある神社です。花形イベントの神輿や屋台など、涼しい秋風を感じながら楽しめるイベントを実施。早速、2017年の上手稲神社例大祭の日程や時間をはじめ、神輿、屋台など各種イベントの開催情報ついて詳しくチェックしていきます。


スポンサーリンク

上手稲神社例大祭2017の日程や時間・会場など開催情報!

例年、上手稲神社例大祭は敬老の日と、その前日の日曜日の2日間で実施されています。2017年の日程は、9月17日(日)~18日(月・祝)を予定。会場は、上手稲神社の境内(住所:北海道札幌市西区西野290-257)およびその周辺地域。なお、時間については詳しい公式告知・記載などはありませんでしたが、例年の流れから17日が宵宮祭・18日が本祭にあたるため「17日は夕方~20:30頃・18日は昼頃~16:00頃までの間」を目安にしてお出掛けされると無難かと思われます。また、この神社の境内は、急こう配の階段の上にあるので、登る際には安全に気をつけましょう。
 

上手稲神社例大祭2017年の神輿の時間は?

上手稲神社例大祭の祭典で目玉イベントといえるのが「神輿の渡御」。威勢のよい掛け声とともに神輿をかつぎ、地下鉄東西線「宮の沢駅」の周辺道路などを中心に練り歩きます。神輿の時間は13:00~14:30・出発地点は「西友宮の沢店(宮の沢駅と直結)」を予定。西友から上手稲神社までの区間を1時間半かけて巡行していくので、ぜひ足を運んでみてください。
 

スポンサーリンク

上手稲神社例大祭2017の屋台や駐車場について

上手稲神社神社例大祭の期間中は、神社周辺の通りに屋台もちらほら出店しているので必見。屋台の種類は、たこ焼き、わたあめ、クレープ、フランクフルト等、お馴染みのメニューがひと通り揃っているので、お祭りの雰囲気を楽しみながら味わいましょう。また、駐車場については、神社の階段の左側・急こう配の坂の上にあります。運転初心者の方や坂道発進が苦手な方は、車ではなく公共交通機関でのアクセスがオススメです。
 

上手稲神社例大祭のアクセスについて

上手稲神社へのアクセスは、地下鉄とバスの乗り継ぎが便利です。地下鉄東西線の「宮の沢駅」からJR北海道バス「西28丁目駅前行」に乗車し、「上手稲神社前」で降車するルートをとるのが早くてオススメ。
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。