秩父キャンドルナイト2017の日程や時間をチェック!今年の見所は?

秩父市恒例の夜景イベント【キャンドルナイトIN秩父】が2017年も開催決定!毎回およそ1万個のキャンドルに灯された温かみのある光が、秩父の夜をロマンティックに演出。秋の夜長のお出掛け先にもピッタリです。早速、キャンドルナイト秩父2017の日程や時間、見所など開催情報についてチェックしていきましょう。


スポンサーリンク

秩父キャンドルナイト2017の日程や時間など開催情報

今年2017年のキャンドルナイト秩父の日程は、10月21日(土)に決定。開催時間については、16:00~20:00の4時間で予定されています。会場は「秩父神社」および「ははそ通り」。(※ははそ通りは、秩父神社の横にあります)なお、雨の場合は翌週の10月28日(土)に延期となりますので、
当日は降水確率などお天気情報をチェックしてからのお出掛けがオススメです。
 

秩父キャンドルナイト2017の見所イベントを紹介!

毎年、キャンドルナイト秩父では、その時々で異なる見所イベントがあるので要チェック。2017年は【秩父銘仙着物ライトアップ】【孟宗竹・真竹のキャンドル】【秩父神社神楽殿での郷土芸能公演】の3つが見所イベントとして企画されています。とくに着物のライトアップというのは、他ではなかなか見られない珍しいものなので必見。一体どのようにライトアップが施されているのか、当日は現地でぜひチェックしてみましょう。
 

スポンサーリンク

秩父キャンドルナイト2017会場に駐車場はある?

キャンドルナイト秩父の会場となる秩父神社には駐車場がありますが、面積が小さく台数に限りがあるため、キャンドルナイト実施日には公共交通機関でのアクセスが推奨されています。混雑を避けるなら、やはり公共交通機関でアクセスされるのが最も良いのですが、どうしても車で行く必要の場合は、神社の周辺にコインパーキングがいくつかあるので、最初からそちらに駐車することを考えるとスムーズです。当日は人出が多いので、駐車する際には周囲の安全確認を十分に行いましょう。
 

秩父キャンドルナイト2017のアクセス方法について

キャンドルナイト秩父の会場「秩父神社」および「ははそ通り」は、駅から比較的近いところにあるので、アクセスには電車を使うのがオススメ。秩父鉄道「秩父駅」より徒歩約3分、西武秩父線「西武秩父駅」からなら徒歩で約15分となります。東京方面からお越しの場合は、西武池袋線の特急レッドアロー号に乗車されると早く到着できますよ。なお、お車の場合は、関越自動車道「花園IC」を降り、国道140号線を秩父・三峰方面へ約30km進む形になります。行き帰りの交通安全に気を付け、美しくロマンティックなキャンドルナイトを存分にお楽しみください。
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。