東京ミチテラス2017時間や混雑状況をチェック!アートオブジェも必見

毎年、クリスマス近くになると開催される「東京ミチテラス」は、東京駅近郊エリアの冬の風物詩として親しまれているイルミネーションイベント。東京駅駅舎の特別ライトアップや限定オブジェなど見所が満載!早速、2017年の東京ミチテラスの期間やライトアップ点灯時間、混雑状況など気になる開催情報についてチェックしていきます。


スポンサーリンク

東京ミチテラス2017期間や点灯時間など開催情報について

2017年の東京ミチテラス開催期間は、12月24日(日)~12月28日(木)の5日間。ライトアップ点灯時間は今のところ未定ですが、例年は17:00頃~21:00となっているので、今年も同様の時間になりそうです。実施場所は、行幸通り・丸の内エリアなど。今年は、総合演出をフラワーアーティストのニコライ バーグマン氏が、アドバイザーは谷川じゅんじ氏が担当。華やかで温かみのある「花と光」で来場者を迎えます。
 

東京ミチテラス2017の見所!アートオブジェと注目スポットについて

東京ミチテラスで登場する今年のイルミネーションの中でも見所となっているのは、花をモチーフにした光のアートオブジェ。光のアートオブジェは各スポットごとに異なり、行幸通りでは、日中と夜で異なる輝きを楽しめる花畑「Flower Garden~花とひかりの饗宴~」、丸の内周辺エリアでは「Flower Avenue~ひかりの花咲く道~」を展開。また、期間中は丸の内・大手町・有楽町エリアの所々に花のランドスケープアートも設置されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。
 

スポンサーリンク

東京ミチテラス2017の点灯式イベントはあるの?

過去に東京ミチテラスの初日には、東京駅の駅舎が特別なカラーにライトアップされるなどの点灯式イベントが実施されていましたが、今年2017年については10月6日現在で未発表。東京駅駅舎のライトアップも検討中とのことです。今のところ、行幸通りと丸の内周辺エリアでのイルミネーション実施内容は決定しているため、それらの場所で点灯式イベントが行われる可能性もあり。この点については、時間と場所が決まり次第、追記していきます。
 

東京ミチテラス2017の混雑状況とおすすめの観覧時間は?

東京ミチテラス2017の開催期間はクリスマスイブから5日間のため、基本的に混雑するものだと思ってお出掛けされた方が良いです。例年の混雑状況については、やはり初日の12月24日がピークで、25日もその次に人出が多いです。できるだけ混雑を避けるなら、26日~28日のどれかに日程を定めるのがオススメ。時間帯は、点灯開始から間もない17:00頃か、点灯終了1時間前の20:00過ぎあたりが比較的快適に観られますよ。
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。