小樽イルミネーション2017-2018時間や場所をチェック!点灯式も注目

小樽市で開催される冬の風物詩といえば、イルミネーションイベント【小樽ゆき物語】。期間中は、運河周辺を美しくロマンティックなライトアップで彩ります。早速、2017年~2018年にかけての開催期間や点灯時間、おすすめのルートなどイベントの見所情報を詳しくチェックしていきましょう。


スポンサーリンク

小樽イルミネーション2017~2018の開催期間と時間・場所について

今回のイルミネーション【小樽ゆき物語】は、2017年11月11日~2018年2月18日まで実施。約3か月のロングラン開催となります。点灯時間については、日没~22:30まで予定。(※スポットにより点灯時間は若干異なるので注意)。会場となる場所は、小樽運河一帯と運河プラザおよび小樽駅。メイン会場の運河まではJR小樽駅から徒歩で7~8分程度と近く、札幌中心街からも公共交通機関を利用して1時間以内でアクセスできるため、自家用車が無くても気軽にお出掛け可能です。
 

小樽ゆき物語イルミネーション2017-2018の見所や点灯式イベントについて

イルミネーション【小樽ゆき物語】で一番の見所といえば、やはり運河一帯のイルミネーション「青の運河」。橋や遊歩道などが青色のLEDおよそ10,000球でライトアップされ、昼間の運河とは一味違う幻想的な雰囲気を醸し出します。また、運河プラザにある大きな「ワイングラスタワー」と「浮き球ツリー」も必見!浮き球ツリーとワイングラスタワーの点灯時間は他と異なり【浮き球ツリーが16:00~24:00、ワイングラスタワーは9:00~18:00】となるので、夕方にお出掛けの場合は先に観覧されるのがオススメです。なお、イルミネーション初日の11月11日には点灯式イベント「青の運河オープニングセレモニー」も開催!点灯式の開催時間は16:00~を予定。会場は、小樽運河の浅草橋街園となるので、こちらもぜひ足を運んでみてくださいね。
 

スポンサーリンク

小樽ゆき物語イルミネーション2017~2018の注意点について

小樽ゆき物語イルミネーションにお出掛けされる場合は、イルミネーションスポットによって実施期間が異なるので要チェック。「青の運河」と「浮き球ツリー」、「ガラスアートギャラリー」については、2018年1月31日までで実施終了してしまうので、全ての見所スポットをチェックするには1月中までの観覧がオススメです。また、期間中のうち2018年1月1日(元旦)のみはお休みとなるので事前に注意しておきましょう。
 

小樽ゆき物語イルミネーション2017-2018のおすすめ観覧ルートについて

小樽ゆき物語イルミネーションを観覧するなら、まず運河エリアから出発するルートがオススメ。「青の運河」を存分に楽しみながら散策し、運河プラザの「ワイングラスタワー」と「浮き球ツリー」を観覧。写真撮影などを行って楽しみましょう。その後「ゆき物語パスポート」で紹介されている気に入ったお店に行き、冷えた体を温めながら小樽グルメを堪能。締めには、JR小樽駅の「ガラスアートギャラリー」を観覧。そのまま帰りの電車に乗車できるので便利です。小樽ゆき物語で、ロマンティックな小樽の景観を存分に楽しんでくださいね。
 

スポンサーリンク

“小樽イルミネーション2017-2018時間や場所をチェック!点灯式も注目” への1件のコメント