弘前城雪燈籠まつり2018日程や花火の時間など開催情報!駐車場も必見

青森県弘前市で開催される、みちのく五大雪まつりに数えられる有名な冬季イベント「弘前城雪燈籠まつり」。2018年も、雪の季節を温かみのある色彩の灯りで照らします。早速、弘前城雪燈籠まつり2018の日程や花火の時間など、見所情報についてご紹介していきます。


スポンサーリンク

弘前城雪燈籠まつり2018日程や燈籠の点灯時間など開催情報!

2018年の弘前城雪燈籠まつりの日程は、2月9日(金)~2月12日(月・祝)。雪燈籠および夜間照明の点灯時間については、日没(16:30頃)~21時までを予定。会場は、弘前公園の弘前城跡(住所:青森県弘前市下白銀町1)。入園料は無料です。なお、いつもは有料エリアとなっている弘前城本丸・北の郭(17:00まで開園)も、雪燈籠まつりの期間中は無料で入れるので要チェック!アクセス方法は、JR弘前駅から出ている市内循環バスを利用するのがオススメ。停留所「市役所前」で降車後、徒歩で約4分。料金も片道100円とお得です。
 

弘前城雪燈籠まつり2018の見所について

弘前城雪燈籠まつりの見所といえば、「武者絵」をはめこんだ雪灯籠と、池の近くを照らすミニカマクラ。武者絵とは、ねぷた等に描かれている武将などの勇壮な絵柄のことで、雪燈籠まつりの期間中は、まるで美術館のギャラリーのごとく、何枚も武者絵をはめ込んだ大きな雪灯籠が登場!温かみのある光を放つ、美しい武者絵を観覧しなが津軽の文化を堪能しましょう。また、蓮池のまわりに約200基のミニカマクラが作られ、夜には火が灯り、園内を幻想的かつロマンティックに照らす情景も必見。この時期の弘前はかなり冷え込むので、防寒対策(とくに靴など足元周り)をしっかりしたうえでお出掛けください。
 

スポンサーリンク

弘前城雪燈籠まつり2018露店や駐車場情報もチェック!

弘前城雪燈籠まつり2018では、お祭りグルメを味わえる屋台(露店)の出店もあるので見逃せません!屋台の出店数は、例年20店ほどの出店実績があるため、今年も同様の規模になると予想されます。出店場所は、弘前公園内「四の丸」。営業時間は、9:00~21:00頃(初日のみ10:00~開始)予定ですが、20:30頃になると店じまいを始める屋台もちらほら出てくるので、なるべく早めのお買い物を推奨。また、駐車場については、弘前市役所の駐車場や(営業時間7:00~22:00・弘前市下白銀町1-1)か弘前市立観光館の地下駐車場(営業時間8:00~22:00・弘前市下白銀町2-1)が近くて便利。どちらも駐車料金は「最初の1時間は無料・以降30分ごとに100円加算」です。ただし、台数はあまり多くなく、すぐに埋まってしまうので注意!1つもスペースを見つけたら即入庫がオススメです。
 

弘前城雪燈籠まつり2018花火の時間はいつ?プロジェクトマッピングはある?

弘前城雪燈籠まつりで、近年は恒例行事として定着しているのが花火とプロジェクトマッピング。花火の日程および時間については、一昨年(2016年)は~、昨年(2017年)は3日目の19:00~スタートとなっていました。例年は2日目か3日目に、しかも土日に合わせて実施されていたので、今年2018年の花火は2月10日(土)か2月11日(日)になる可能性が高いと思われます。また、プロジェクトマッピングは、ここ数年は初日の「開会式」の日に行われているので、2018年は2月9日の日没後に開催される可能性が高いです。これらの情報については、公式な発表があり次第こちらにも追記していきます。
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。