立川諏訪神社初詣2018屋台の時間や駐車場をチェック!混雑状況は?

立川諏訪神社は、西東京エリアでも有数のパワースポットとして知られ、初詣の際にも人気。正月時期は境内に屋台が出店するので、お祭り気分も味わうことができます。ここでは、立川諏訪神社の2018年初詣について、参拝の際に役立つ情報をご紹介していきます。


スポンサーリンク

立川諏訪神社の初詣2018参拝時間おすすめは?混雑状況をチェック

立川諏訪神社は、立川周辺の神社の中でも規模が大きく有名なため、大晦日~正月3が日の期間は多くの参拝客で賑わいます。とくに元日の午前中~午後にかけては、境内に参拝客の行列ができ、混雑状況はピークに!参拝するまで約1時間は並ぶことになりますので、その点を覚悟したうえで参拝に臨みましょう。混雑をなるべく回避するための参拝時間としてオススメなのが、大晦日の年明け前から現地到着しておくこと。日付が変わる1時間ほど前に到着していれば、年明けを迎えてからスムーズに参拝できますよ。
 

立川諏訪神社の初詣2018屋台の数や営業時間について

例年、立川諏訪神社では大晦日~正月3が日にかけて屋台が出店しているので要チェック!屋台の数は10店ほどで規模が小さいですが、たこ焼きやチョコバナナなど基本的なお祭りグルメが揃っているので、ちょっとした縁日気分を味わうことができます。屋台は、例年の流れだと大晦日~元日にかけての場合、深夜2時頃までは営業しているので、参拝が終了した後の小腹を満たすのにも最適。1月1日~3日の間は、10時頃~21頃まで屋台でのお買い物が楽しめます。なお、混雑時は食べ物の持ち歩きに十分に注意しましょう。
 

スポンサーリンク

立川諏訪神社へのアクセス方法について!分かりやすい道順は?

立川諏訪神社へは、JR立川駅の南口から徒歩で約12分、多摩モノレールの立川南駅からは徒歩約10分でアクセス可能。分かりやすいルートは、立川南駅1番出口のエスカレーターを下りてすぐの角で右折。ワシントンホテルの横を通って諏訪通りと呼ばれる広い道路を目指します。そこに出たら左折し、キッチンオリジンのある大通りを右折。そのまま歩いていると、広い公園(諏訪ノ森公園)が左手に見えてきます。この付近まで行くと、参拝に向かう人が同じ方向に向かって歩いているので、その人たちに着いていくと楽に到着できますよ。日の出前は周りが暗いので、道を確認しながら進みましょう。
 

立川諏訪神社の初詣2018駐車場情報をチェック

立川諏訪神社(立川市柴崎町1丁目5-15)には、参道の横に比較的広い駐車場があります。しかし、大晦日~正月3が日の時期はすぐに満車になってしまうため、ここを狙っていくのは難易度が高いです。そのため、神社にできるだけ近い有料駐車場を利用するか、もしくは立川駅近辺の有料駐車場を利用し、少し歩くという方法をとるのが現実的です。エリアとしては、立川富士見町か立川柴崎あたりにある有料駐車場が神社に比較的近いのでオススメ。また、少し神社から離れてしまいますが「JR立川駅周辺の有料駐車場」も候補として入れておくと良いかと思われます。
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。