小樽雪あかりの路2018日程や花火の時間!駐車場情報もチェック

小樽市の年初めを飾る冬季イベント【小樽雪あかりの路】。2018年で記念すべき第20回を迎えます。期間中は、花火など特別なイベントもあるので必見!早速、小樽雪あかりの路2018の日程や点灯時間、駐車場などイベントの開催情報についてチェックしていきます。


スポンサーリンク

小樽雪あかりの路2018日程や点灯時間など開催情報

2018年小樽雪あかりの路の日程は、2月9日(金)~2月18日(日)。キャンドル等の点灯時間については、17:00~21:00を予定。開催場所は、メイン会場となる「運河会場」「手宮線会場」のほか、準メイン「天狗山会場」「朝里川温泉会場」を含め市内の複数箇所となります。歩きながら、温かく幻想的な景観を楽しむことができるようになっています。この期間中だからこそ楽しめるロマンティックな雰囲気の小樽は、デートコースにも最適。休日はもちろん、平日のアフター5などにもぜひお立ち寄りください。
 

小樽雪あかりの路2018イベントの見所をチェック!

小樽雪あかりの路の見所といえば、会場ごとに個性豊かなキャンドルに出会えるところ。雪のキャンドル、氷のキャンドル、運河の浮き玉キャンドルなどバリエーションが豊かで、同じろうそくの灯りでも、キャンドルの形や素材・配置によって光り方も変化。会場ごとの景観の違いを楽しみましょう。また、会場には記念撮影スポットや物販コーナー、休憩所も用意されているので、疲れずゆっくり観覧できますよ。例年、開催期間中は寒さが厳しく、観覧していると特に足元から冷えてきます。防寒対策をしっかりしたうえでお出掛けくださいね。
 

スポンサーリンク

小樽雪あかりの路2018花火の時間はいつ?

小樽雪あかりの路では、例年「オープニングセレモニー」の際に天狗山から花火の打上げが実施されます。花火の時間については、昨年は18:30頃~スタートとなっていたので、2018年も同様の時間帯になりそうです。オープニングセレモニーでは、花火のほかにも天狗太鼓やたいまつ滑走などイベントも盛りだくさん。近くから観覧したい場合は、初日の夕方に「天狗山会場」に行ってみましょう。
 

小樽雪あかりの路2018駐車場やアクセス情報について

小樽雪あかりの路にお出掛けの際、アクセス手段は圧倒的にバスが便利です。JR小樽駅を起点とし、メイン会場「運河会場」と「手宮線会場」に徒歩10分~20分程度で行くことができるほか、準メイン会場となる「天狗山会場」と「朝里川温泉会場」へは、小樽駅前ターミナルから中央バス「天狗山行き」・「朝里川温泉線」がそれぞれ運行されているので、楽にアクセス可能です。また、駐車場については、小樽駅周辺にある商業施設で、お買い物をすると一定時間の駐車が無料になるところがあります。例えば、長崎屋小樽店の駐車場(約132台)は、長崎屋かドン・キホーテで1,000円以上買うと2時間無料になる等の措置あり。ただし、土日祝日など混み合いそうな場合は、車でお出掛けせず「小樽駅まで電車⇒小樽市内をバスで巡回」されることを推奨します。
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。