【四国の花見2018】おすすめの桜名所と見頃をチェック!

四国には、海に囲まれた土地ならではの特徴として「海と桜が一緒に観られる絶景スポット」が数多くあります。また、日本庭園や河原などお散歩に適した桜名所も豊富。ここでは、四国4県でお花見するのにオススメの桜名所や見頃などについてご紹介していきます。


スポンサーリンク

香川【栗林公園】で広大な日本庭園と桜を散策

日本の文化財庭園として知られる栗林公園は香川県内のお花見スポットとしても大人気。桜の時期になると広大な日本庭園にソメイヨシノや山桜の花びらの色が映え、とても綺麗です。見頃は3月下旬~4月上旬。3月は朝6時半、4月は朝5時半から開園しているため、早朝の澄み切った空気の中で散策するのもオススメ。晴れている日には、橋の上から桜を眺めると湖面に桜が映ってより美しく見えます。

徳島【妙見山公園】で桜と鳴門の海を眺めよう!

徳島といえば鳴門の海!妙見山公園では、桜と鳴門の海どちらも眺めることができる絶好のビュースポットです。見頃は3月下旬~4月上旬。桜の本数はあまり多くありませんが、お城をバックにして桜景色を写真に撮ったり、展望台から鳴門の海を見下ろして楽しめます。天気が良ければ淡路島も見えますよ。
 

高知【大坂の桜並木】でピクニックはいかが?

高知県の中土佐町を流れる「大坂谷川」。その川沿いには「大阪の桜並木」と呼ばれる場所があり、桜が咲く頃には連日たくさんの花見客がやって来ます。シーズン中は、提灯の下でレジャーシートを広げてお弁当を食べたり宴会を始めたりする人もいて賑やかな感じに。満開直前の3月下旬ごろが見頃となっているので、近くを訪れた時にはぜひ。

愛媛【頓田川の河川敷】でソメイヨシノを眺めよう!

今治を流れる頓田川の河川敷はソメイヨシノ鑑賞に最適。花が咲くと河川敷一帯がピンク色に染まり、見ているだけで心が和みます。見頃は3月下旬~4月上旬。桜の時期は、ぼんぼりの明かりでライトアップされるため夜桜鑑賞も可能。河川敷の階段に座って、ただ桜を眺めるのも良し。お散歩するも良しのスポットです。
 

遅めの花見にピッタリの積善山♪

遅めの花見スポットとしてオススメなのが、愛媛県岩城島にある積善山(せきぜんざん)という山。見頃は4月上旬~中旬。山頂へ向かうまでの間、道に沿ってソメイヨシノ・オオシマザクラ・ヤマザクラなどをのんびり観覧できます。晴れた日には、山頂の展望台に行ってみてください。桜の向こうに瀬戸内海が広がって綺麗ですよ。
 

スポンサーリンク



 

コメントは受け付けていません。