文京さくらまつり2018ライトアップ時間や屋台情報!場所取りは可能?

今年で第47回を迎える春の一大イベント【文京さくらまつり】。播磨坂さくら並木を舞台に、パレードや屋台の出店などが華々しく実施される毎年人気のお祭りです。ここでは、2018年の文京さくらまつりについて、日程や夜桜ライトアップの時間、屋台やパレードなど開催情報をチェックしていきます。


スポンサーリンク

文京さくらまつり2018日程や会場など基本情報について

2018年の文京さくらまつりは、3月24日(土)~4月8日(日)の日程で開催。会場となるのは、播磨坂さくら並木のある文京区小石川4丁目~5丁目の境となります。なお、3月31日(土)と4月1日(日)の2日間に関しては、10:30~15:30の間「歩行者天国」となり屋外イベントも実施予定。通りの両側がピンク色に染まる美しい景色は毎年この時期にしか観られないので必見!満開時はもちろん、少々桜が散り始めたときの桜吹雪も魅力的ですよ。
 

文京さくらまつり2018ライトアップの時間はいつ?

文京さくらまつりの期間中は、夜間にライトアップもあるので美しい夜桜を楽しむことも可能。ライトアップ実施時間については、17:00~21:00を予定。ここは人の往来がある場所なので、歩きながらゆっくりお花見するのに最適なスポットとなっています。夜桜の観覧は本格的に暗くなってからがオススメで「照明の光で浮かび上がる桜の色&夜空の色」のコントラストが見もの。昼とは異なる幻想的な景色をぜひご堪能ください。
 

スポンサーリンク

文京さくらまつり2018屋台の出店情報について

例年、文京さくらまつりでは屋台の出店もあるので見逃せません。焼きそば、たこ焼き、わたあめ、フランクフルトなどの定番お祭りグルメはもちろん、スーパーボール、くじ引き等バラエティー豊かな屋台が会場周辺に立ち並びます。なお、屋台の営業時間については、おおむね10:00頃~20:30頃で、中には20:00頃に閉まってしまうところもあるため夜は早めに立ち寄っておくのがオススメです。
 

文京さくらまつり2018花見の場所取りは可能?駐車場はある?

例年、文京さくらまつりの期間中のうち「歩行者天国を実施する日」に限り座って花見が可能なスペースが設けられおり、そこでシートを広げてお花見することが可能になっています。そのため、今年2018年も歩行者天国が実施される日程(3月31日と4月1日)では、座ってのお花見も楽しめます。ただし、前日や早朝から場所取りすることは不可なので注意。当日お祭りが始まる直前(10時頃)に行き、お花見スペースに入っても良い状態になったら入場するようにするのが良いと思われます。また、会場には来場者専用の駐車場というものがありません。期間中は平日・土日ともに混雑するため、できるだけ公共交通機関でのアクセスがオススメです。
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。