国立大学通りの桜2018見頃やライトアップ時間など花見情報!

東京都国立市の大学通りは、西東京エリアの気軽にお花見できる桜名所。ソメイヨシノやシダレザクラなどの品種が、通りの両側に咲き誇る光景は見応え満点。ここでは、2018年の国立大学通りの桜について、見頃やライトアップの時間などお花見情報についてチェックしていきます。


スポンサーリンク

国立大学通りの桜2018の見頃はいつ?開花日や満開日をチェック

国立大学通りの桜は、年にもよりますが東京都内の開花日・満開日よりも3日~4日ほど遅くなる傾向にあります。2018年の東京の桜の開花予想は3月22日頃・満開予想が3月29日頃と出ているので、国立大学通りの桜については、2018年の開花日が3月25頃・満開日は3月31日頃と予想。見頃については、8分咲~満開に近い状態の3月29日~4月1日頃になりそうです。なお、昼間は日差しが強いので、紫外線対策をしっかりしたうえでお花見を楽しみましょう!
 

国立大学通りの桜2018ライトアップの時間はいつ?

国立大学通りでは、毎年桜の時期になると桜の木の側にライトが設置され、夜桜も楽しむことが出来るようになっています。時間は、おおむね日没~22:00頃までとなっており、桜の木の近くの緑地帯にはベンチが設置されている場所もあるので、空席になっていればそこに座ってのんびりお花見することが可能。また、大学通りにはロイヤルホストやドトールコーヒー、バーミヤンなど窓から桜が見えるお店もありますよ。夜の国立の桜も、ぜひ楽しんでみてください。
 

国立立川桜ウォーキング2018日程と時間など開催情報!

昨年大好評だった【国立立川桜春うららウォーキング】が2018年も開催決定!国立発コース(国立駅南口nonowa前から出発)と立川発コース(JR立川駅北改札口外から出発)があり、桜を見ながら地域観光できる楽しいイベント。当日受付すれば無料で参加できます。(※定員は両コース合計で1,500名まで)。桜ウォーキングの日程は、2018年4月1日(日)。小雨決行・荒天中止となります。なお、受付時間は10:00~11:00で、受付後に随時スタートする形になっています。ルールは、12:00~15:00の間に約8kmのコースを歩き切ってゴールすればOK。ゴールすると「お楽しみプレゼント」が貰えるお得なイベントなので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。