洞爺湖花火大会2017混雑しない穴場は?期間や打上時間など開催情報

全国の花火大会の中で開催期間の長さがトップクラスの【洞爺湖ロングラン花火大会】。晴れた夜空に咲く大輪の花が湖面に映り、素晴らしく美しい情景を楽しめます。今年2017年はいつからいつまで開催されるのか?また、実施期間や花火の打上げ時間、混雑しない穴場時期などの情報についてもお伝えしていきます。
 


スポンサーリンク

洞爺湖花火大会2017の開催期間や打上時間などの情報

2017年の洞爺湖ロングラン花火大会は【開始日】4月28日(金)~【最終日】10月31(火)となります。花火の打上げ時間は【20:45~21:05】の20分間を予定。会場は、洞爺湖温泉湖畔。湖畔にホテルが並んでいるので、場所は分かりやすいと思います。約6か月強という期間にわたり実施される花火大会は全国でも珍しく、夏以外の季節でも美しい花火を楽しめるとあって大人気。期間中は荒天でなければ毎日実施されるという点も嬉しいですよね。花火のあとは周辺の温泉施設に宿泊し、のんびり過ごすというコースが特におすすめです。
 

洞爺湖花火大会2017の穴場はいつ?混雑しない狙い目の時期

洞爺湖ロングラン花火大会は開催期間が長いですが、やはり時期によって混雑具合に差が出ます。湖畔にある温泉施設に宿泊して花火を見る方が多いため、季節に関わらず金曜か土曜など休日前の日取りは混雑すると思っておいた方が良いでしょう。また、ゴールデンウィーク期間や子供の夏休み期間中、シルバーウィークなどの連休も同じように混雑する確率が高いです。逆に、狙い目なのは6月。最も良いのが平日ですが、この月は祝日が絡む連休が無いため土日でも快適に見られる可能性が高いと思うので、混雑しない時期を選んでお出かけならば6月中の観覧がオススメ。ちなみに、北海道に梅雨はありませんが、例年6月半ば頃になると天気が崩れやすいので、訪れる時は、爽やかな5月の気候の名残が残る「6月上旬」を選んでおくのがオススメです。
 

スポンサーリンク


 

コメントは受け付けていません。