武蔵村山花火2018駐車場や屋台など開催情報!ステージイベントも必見

東京の武蔵村山市で開催される【武蔵村山納涼花火大会】は2018年で第40回の節目を迎えます。近くに温泉もあり、夏の終わりを楽しむイベントとして毎年大盛況。早速、武蔵村山花火の2018年日程や花火の時間をはじめ、駐車場や屋台の出店など開催情報を詳しくチェックしていきます。


スポンサーリンク

武蔵村山花火2018の日程・時間・会場について

2018年【武蔵村山観光納涼花火大会】の日程は、8月25日(土曜日)。会場は、野山北公園運動場(東京都武蔵村山市本町5-31-1)となります。当日は出店やステージ等のイベントも併せて開催されるため、大会全体の開催時間は14:00~21:30。メインとなる花火の打上時間は19:30~20:30に予定。なお、雨の場合は「小雨決行・荒天中止」となります。
 

武蔵村山花火2018の見所は?

今年2018年は、武蔵村山納涼花火大会の第40回を記念して4,000発の美しい花火が打ち上げ予定となっています。一番の見所といえば、やはり「メッセージ花火」。結婚記念や誕生日、復興祈願など、一般募集で集まったメッセージを1つ1つ添えて夜空に打ち上げられる花火は、とても感慨深いものがあります。メッセージ花火は例年20:00頃から打ち上げ開始となるので、今年も同様の時間帯になると予想されます。なお、花火大会の前には「アトラクション」と呼ばれるステージイベントもあり、音楽ライブからダンスパフォーマンスなど幅広いジャンルの出演者が会場を盛り上げます。アトラクションは14:00~ですので、そちらもぜひお見逃しなく!
 

スポンサーリンク

武蔵村山花火2018屋台の出店情報をチェック!

武蔵村山納涼花火大会では、会場で屋台(露店)の出店があるので要チェック!出店数は例年40店ほどの規模で、焼きそば、フランクフルト、たこ焼き、クレープ、ドリンク類などが販売されています。屋台の営業時間は、14:00~21:30を予定。中には21:00頃に閉店する屋台もあるので、それまでに買い物を済ませておくのがオススメです。当日は、楽しいイベントと一緒に美味しい屋台グルメを是非ご堪能ください。
 

武蔵村山花火大会の駐車場や有料観覧席情報について

武蔵村山の花火大会では例年、会場に有料観覧席というものは用意されていないため、各々が当日になって観覧場所を確保するという形になります。会場の野山北公園運動場には付近に300台ほど収容可能な駐車場がありますが、当日はすぐ埋まってしまうことが予想されます。(※料金については場所によって異なるため、入庫前に現地で必ずご確認ください)ただし、会場周辺の道路は大変な混雑が予想されるため、出来る限り公共交通期間でのアクセスが推奨されています。おすすめのアクセス方法は、JR中央線「立川駅」からバスに乗るという経路。立川駅北口から立川バス「箱根ヶ崎駅行き」もしくは「三ツ藤行き」に乗車し、バス停「横田」で下車すれば、会場まで徒歩15分となります。
 

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。