湘南花火大会2017屋台や駐車場など開催情報!交通規制はある?

神奈川の湘南平塚で開催される夏の風物詩【湘南ひらつか花火大会】は2017年で第67回を迎えます。今年の開催日程や花火の打上げ時間などの見所や、駐車場や屋台はどのくらいあるのかなど、花火大会のや気になる開催情報についてチェックしていきます。
 

スポンサーリンク

第67回湘南平塚花火大会の開催情報について

2017年湘南ひらつか花火大会の開催は、8月25日(金曜日)。開催時間は19:00~20:00と予定されています。会場は、平塚市の相模川河口(湘南潮来)。公共交通機関でのアクセスなら駅からバスに乗るのが便利で、JR東海道本線「平塚駅」の南口からバス「須賀港」行きに乗車し。終点で下車し、徒歩で5分ほどで到着することが可能です。
 

2017湘南ひらつか花火大会の見所について

湘南ひらつか花火大会では、約3,000発の花火が夜空を彩ります。見所は、尺玉をはじめ趣向をこらした花火が打ち上げられる「音楽と連動した花火演目」や、だるま型の花火に来場者の願いを込めた平塚名物「願かけ花火」。願掛け花火の当日受付は「先着50組まで」を予定しているので、もし挑戦してみたい場合は、当日会場まで早めに行って受付しておきましょう。
 

湘南ひらつか花火大会2017の駐車場や屋台情報について

この湘南ひらつか花火大会の会場には、大会専用の駐車場は用意されていません。さらに、当日は夕方くらいまでの間に交通規制が始まり、周辺の道路はのきなみ車両通行止めや通行規制が入るので注意しておきましょう。最も良いのは公共交通機関でのアクセスですが、どうしても車でお出掛けの必要がある場合は、交通規制が始まる前の昼間には会場周辺のコインパーキング等に駐車しておくことをオススメします。また、屋台については、例年70店ほどの出店実績があるそうですので、花火を見ながら屋台グルメを楽しむことも可能。マナーを守り、思いっきり花火大会を楽しみましょう。