諏訪湖花火大会2017駐車場や屋台など開催情報!交通規制の時間は?

長野県上諏訪・諏訪湖で開催される【全国新作花火競技会】は、花火師たちが自慢の技を競い合う大規模な花火大会として有名。打上げ数や来場者数も群を抜いています。早速、2017年の日程や花火の打上げ時間をはじめ、駐車場や屋台など開催情報についてチェックしていきましょう。
 


スポンサーリンク

2017諏訪湖花火大会の開催情報について

2017年【諏訪湖・全国新作花火競技会】の日程は、9月2日(土)・開催時間については19:00~20:30を予定。(※雨天決行)会場は、諏訪市上諏訪温泉諏訪湖畔。最寄駅はJR中央本線「上諏訪駅」で、諏訪口より徒歩8分程度。花火大会の終了後も電車のダイヤがあるため、公共交通機関でのアクセスも安心。車の場合は中央道「諏訪湖IC」が最も近いです。
 

諏訪湖花火大会2017の駐車場や交通規制の時間について

諏訪湖花火大会では、来場者のために臨時駐車場(無料)が用意される予定。また、周辺には有料ですがヨットハーバー駐車場(普通車1台につき3000円)、すわっこランド・諏訪湖スタジアム駐車場(普通車1台あたり1000円)などもあり、臨時駐車場とあわせて4,000台ほどは収容可能になっているそうです。なお、当日は会場や上諏訪駅周辺の道路において交通規制も実施されます。時間帯は15:00~23:00で予定されているので、車の場合は駐車場確保のためにも早めのお出掛けがオススメです。
 

諏訪湖花火大会2017の見所や屋台について

諏訪湖花火大会では、約18,000発の花火が打上げ予定となっており見応え抜群!「全国新作花火競技会」という名前の通り、日本が誇る花火師たちが自慢の「創作花火」をお披露目する場になっているので、従来の枠にとらわれない斬新な花火を数多く観覧できます。とくに見所となっているのは、音楽とともに打ち上がる花火の数々が、夜空と諏訪湖の湖面を華やかに彩る場面。観る者をあっと言わせるほどの美しさなので必見です。周りに高い建物がないため、広範囲で見えるのも魅力。屋台については例年70店ほどの出店実績があるので、花火とともに美味しいお祭りグルメも楽しみましょう。
 

スポンサーリンク


 

コメントは受け付けていません。