鳥越神社水上祭2017日時や見所など開催情報について

東京台東区の鳥越神社で行われる初夏のお祭り【水上祭形代流し】は、「形代」と呼ばれる人形の型紙を海に流し、無病息災を願う祭典。早速、今年2017年の日程やお祭りの見所など、開催情報についてチェックしていきます。
 
スポンサーリンク

2017鳥越神社水上祭形代流しの日程やアクセスについて

今年の鳥越神社水上祭形代流しは、7月1日(土)に開催。時間は10:00~14:00・雨天決行を予定。会場となる鳥越神社への主なアクセスは、都営浅草線ほか「蔵前駅」のA1出口から徒歩およそ5分。もしくはJR総武線ほか「浅草駅」のA4出口から徒歩でおよそ10分となります。会場周辺は道がそれほど広くないため、公共交通機関での会場入りがオススメです。
 


鳥越神社水上祭形代流しの見所は?

鳥越神社水上祭形代流しの見所は、26隻の船が斎場へと向かう場面。形代を積んだ「御座船」を先頭に、屋形船などの船がお囃子を奏でながら隅田川を下っていく情景は、風情を感じられるので必見。川を下った後は、神事「形代流し」が品川沖の海上で執り行われます。なお、当日は屋台などが出ないそうなので、必要なものは予め持っていきましょう。また、実施時間は昼間なので、天気が良い場合は暑さ対策も忘れずに。
 



 
タイトルとURLをコピーしました