竜神峡紅葉まつり2017日程や見頃など開催情報!駐車場の混雑状況は?

茨城県常陸太田市の紅葉スポット「竜神峡」で毎年恒例となっている【竜神峡紅葉まつり】は今年で第29回を迎えます。早速、2017年の日程や紅葉の見頃をはじめ、アクセス・駐車場など開催情報について詳しくチェックしていきます。
 
スポンサーリンク

竜神峡紅葉まつり2017日程やアクセスについて

2017年【第29回竜神峡紅葉まつり】は、11月1日(水)~11月30日(木)の1か月間で開催予定。時間については、竜神大吊橋の通行が8:30~17:00となるため、その間の時間帯でお出掛けするのがオススメです。(通行料金:高校生以上310円・小中学生210円)公共交通機関のアクセスは、JR常陸太田駅から茨城交通バス「下高倉行き」に乗車し約40分・停留所「竜神大吊橋入口」で下車後、徒歩20分。もしくは、JR常陸大子駅から茨城県北バス「下高倉行き」で約40分・茨城交通バス「常陸太田行き」に乗り換え、「竜神大吊橋入口」で下車するルートもあります。(車のアクセス方法は駐車場情報のところに後述)
 


竜神峡紅葉2017の見頃はいつ?紅葉まつりの見所を紹介

竜神峡の紅葉は、例年11月の上旬あたりに見頃を迎えます。今年2017年は、紅葉まつりの初日11月1日~10日頃の間に観覧されると、木々の色づき具合が調度よく絶景が楽しめると思われます。見所スポットは、やはり大吊橋の上。周囲の原生林がぐるりと見渡すことができ、とくに晴れた日は青空と赤や黄色に色付いた木々のコントラストが美しいので必見。なお、毎年「新そばフェア」も同時開催されているので、景色と一緒に美味しい蕎麦もぜひ味わってみてください。
 


竜神峡紅葉まつり2017駐車場と混雑状況について

竜神峡の駐車場は、第1・第2・第3の3ヵ所があり、計250台が収容可能。料金は無料。大型バスの駐車スペースもあります。紅葉まつりの期間中の混雑状況については、例年やはり土日祝日は11:00頃には満車になる勢いです。お出掛けするなら、平日(10:00前か14:00以降は特に空いている傾向あり)がオススメ。どうしても土日祝しかお出掛けできない場合は、駐車スペース確保のために9:00頃に現地到着する勢いで行くとスムーズかと思われます。お車でのアクセスは、常磐自動車道「那珂IC」から国道349号を経由し、里美大橋を左折。県道36号を進んでいくルートが便利ですよ。