石狩八幡神社例大祭2018の日程や神輿の時間をチェック!屋台も出店!

北海道石狩市の石狩八幡神社では、2018年も毎年恒例の秋祭り【石狩八幡神社例大祭】を開催!秋の涼しい空気を感じながら、お神輿や屋台などお祭りならではのイベントを存分に楽しめます。早速、2018年の石狩八幡神社例大祭の日程や時間をはじめ、神輿、屋台など各種イベントの開催情報ついて詳しくチェックしていきます。


スポンサーリンク

石狩八幡神社例大祭2018日程・時間・会場情報!

2018年の石狩八幡神社例大祭の日程は、9月17日(月・祝)。開催時間については、10:00~17:00を予定。会場は、石狩八幡神社の境内(住所:北海道石狩市弁天町1)およびその周辺地域。神社のある場所は「石狩湾」と「石狩川」のすぐ側で、北の海を眺めるのに最適のスポット。石狩灯台まで続く道が近くにあり、天気が良い時には石狩湾の遠くまで見渡せます。
 

石狩八幡神社例大祭2018神輿の時間はいつ?

石狩八幡神社例大祭の注目すべき見所イベントといえば、やはり「神輿の渡御」。午前中から夕方にかけ、威勢のよい掛け声とともに石狩八幡の周辺地域を練り歩きます。神輿が近くまでやって来ると、見ているこちらにも熱気が伝わってきて、祭りの盛り上がりも最高潮に!神輿の実施時間は10:00~17:00を予定。当日海が穏やかな状態であれば、向かいの八幡町までご神体を船で渡していく行事もありますので、タイミングが合うようならぜひチェックしてみてくださいね。
 

スポンサーリンク

石狩八幡神社例大祭2018の屋台・駐車場情報

石狩八幡神社例大祭では毎年、境内と神社周辺に屋台(露店)が出店します。たこ焼き、わたあめ、クレープ、フランクフルトなどお馴染みの露店グルメが販売されているので、お腹が空いたときにはぜひ♪屋台は10:00頃から営業が始まります。また、お車でアクセスされる場合、神社の駐車場の位置は「石狩八幡神社の道路をはさん向かい側」にあるので、そちらを利用すると便利。当日は人出が多くなりますので、時間に余裕を持ってお出掛けください。
 

石狩八幡神社例大祭のアクセス情報について

石狩八幡神社の近くには電車の駅がないため、公共交通機関を利用してアクセスされる場合はバスに乗車されるのがオススメです。北海道中央バス石狩線「石狩行き」の終点で下車後、徒歩約10分となります。(※中央バス石狩線は「札幌駅」から出ており、途中で北区の篠路や石狩営業所を通る路線です)お車でアクセスされる場合、札幌方面からなら231号線に沿って走行し、途中から225号線に乗り石狩灯台を目指していくと分かりやすいです。小樽方面からなら、337号線沿いで石狩湾を目指すというルートが分かりやすくオススメです。
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。