ららぽーと立川の初売り2019時間はいつから?福袋や混雑状況も注目

2019年も、ららぽーと立川立飛の初売りは要チェック!立川市内でも髄一のショップ数を誇るららぽーとは、正月セールはもちろん、多彩なラインナップの福袋も人気を集めています。ここでは、2019年のららぽーと立川の初売りについて、営業時間や混雑状況など気になる情報を見ていきます。


スポンサーリンク

ららぽーと立川2019年始営業日はいつ?営業時間もチェック

ららぽーと立川立飛では、2017年・2018年の年始営業は1月1日(元日)でしたので、2019年も年始営業(初売り)が1月1日からスタートすると予想されます。また、年始の営業時間については、前年同様9:00~21:00の可能性が高いです。昨年は、併設のスーパーマーケット【ブルーミングブルーミー】の営業時間が9:00から21:00まで、レストラン街の営業時間は10:00~21:00となっており、元日の夜もゆっくり食事が楽しめました。なお、例年1月2日からは通常営業となるため、開店が10:00からになることも併せてチェックしておきましょう。
 

ららぽーと立川の初売り2019福袋に注目!

ららぽーと立川立飛の初売りで注目すべきなのは、やはり福袋。アディダスやレトロガール、ハニーズ等のファッション、ハンズやアフタヌーンティー等のインテリア&生活雑貨をはじめ、その他のサービス・カルチャーなど豊富なラインナップが勢揃い!数量限定の「プレミアム福袋」もあるので見逃せません。福袋は例年、当日の混雑を緩和させるため「先行予約」を受付しいるショップも多く、予約は最長のところで12月31日まで可能になっています。また、当日販売専用の福袋も多数のショップで用意されていますので、お気に入りのショップに目星をつけ、ぜひチェックしてみてくださいね。
 

スポンサーリンク

ららぽーと立川の初売り2019混雑状況はどうなる?

例年ららぽーと立川立飛の初売り初日には、開店を待ちわびる行列ができているという人気ぶり。そのため、当日は混雑緩和のために入口が複数用意されています。昨年は、入口の場所が「1階の中央エントランス、2階広場側エントランス(モノレール駅に最も近い入り口)、2階南側エントランス、P2立体駐車場3階」の計4箇所でした。2019年もおおむね同様の場所になると思われますので、お目当てのショップの位置を予め把握し、それに最も近い入口のところに並んでおくと移動がスムーズです。もし当日販売の福袋を狙っている場合は、経験談として朝6時頃から並んでおくと先頭の方に並ぶことができるのでオススメです。ちなみに、トイレは1階レストラン街のトイレとP2立体駐車場3階のトイレの計2箇所が、開店前から利用できるようになっていますよ。
 

立川ららぽーと初売り2019お得なイベント情報!

例年、立川ららぽーとでは初売り期間、三井ショッピングパーク系列の【ポイントアップデー】が実施されているので要チェック!三井ショッピングパーク専用の会員カードにいつもの倍のポイントをつけてもらえます。(※倍率はクレジット付きのカードとクレジット無しのカードで異なります)福袋やセール品を1~2個購入すれば、それだけで結構たまりますのでこの機会をお見逃しなく♪
また、ららぽーと立川の館内ではお正月期間に特別なイベントも実施。2018年は、1月1日(月・祝)に「和太鼓演奏」を実施。迫力のある太鼓演奏が館内で気軽に観覧できるのでオススメです。今年も実施される可能性が高いので、お買い物やお食事の合間に、ぜひこちらも立ち寄ってみてくださいね。
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。