三鷹八幡大神社例大祭2019屋台や神輿の時間・駐車場など開催情報!

お祭り
東京都三鷹市に鎮座する三鷹八幡大神社では、毎年9月に三鷹八幡大神社例大祭を開催。

ここでは早速、三鷹八幡大神社例大祭の日程をはじめ、神輿や屋台出店などイベントの時間、駐車場情報など祭りの詳細についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

三鷹八幡大神社例大祭2019日程・会場アクセスなど基本情報

三鷹八幡大神社の例大祭は、毎年9月の第二土曜と日曜の2日間で開催。

1日目は宵宮祭、2日目が本祭となります。

2019年の三鷹八幡神社のお祭り日程は、9月7日(土)・9月8日(日)に予定(※雨天中止)。

会場は、三鷹八幡大神社(東京都三鷹市下連雀4-18-23)へのアクセスは、JR三鷹駅から徒歩10分。歩くのが苦手な場合は、三鷹駅南口からバス(小田急バス)に乗車し「八幡前」停留所で降車すると近いのでオススメです。

スポンサーリンク

三鷹八幡大神社例大祭の見所とタイムスケジュール!

三鷹八幡大神社例大祭の見所は?

三鷹八幡大神社の例大祭といえば、三鷹八幡のお祭り名物「大太鼓」。

宵宮祭の当日には、夕方になるとドン!ドン!と低く重厚感のある大太鼓の音が神社周辺に鳴り響き、お祭りのスタートを知らせます。

そして2日目には、目玉となる神輿渡御を実施。のべ100名以上の担ぎ手による2基の大神輿は、間近で見ると圧巻!

神輿のコースは、連雀通りを通ってスクランブル交差点、三鷹駅ロータリーなどを通っていきますので、ぜひ現地で熱気と迫力を体験してみてください。

三鷹八幡大神社例大祭タイムスケジュール(予定)

【9月7日大太鼓打始め】

【9月8日(日)本祭】
・10:00 一之宮・宮出し
・昼頃  子供神輿
・14:00頃 二之宮 スクランブル交差点入り
・18:30 お囃子随行・木造神輿送り込み・宮入 

神輿渡御の日は、三鷹駅ロータリーなどの場所で特にたくさんの人出があり、通行時に身動きがとれない状態となります。

当日は安全に十分気を付け、時間に余裕を持ってお出掛けください。
スポンサーリンク

三鷹八幡大神社例大祭の屋台出店情報について

三鷹八幡大神社の例大祭では、毎年境内に屋台(露店)の出店もあるので要チェック!

焼きそば、たこ焼き、チョコバナナ、クレープ、わたあめ等さまざまなラインナップがあり、祭りならではの縁日を存分に楽しむことができますよ。

屋台の営業時間については、1日目が17:00頃~21:00頃・2日目が10:00頃~21:00頃を予定。


2日間とも多くの人出がありますので、食べ物・飲み物の持ち歩きには十分に注意しましょう。


三鷹八幡大神社例大祭の駐車場情報について

三鷹八幡大神社には駐車場がありませんので、お車でアクセスされる場合は周辺のコインパーキングを利用する形になります。

ただし、神輿渡御の日は三鷹駅ロータリーなど駅の南口側と連雀通りが大変混雑するため、最初から「三鷹駅の北口側」に絞ってコインパーキングを探しておくか、南口側でも神輿渡御のコース(連雀通り・三鷹駅南口ロータリー)から少し外れているコインパーキングに駐車するとスムーズです。

スポンサーリンク


三鷹駅から中央線に乗ってお祭り巡りに行こう!

三鷹八幡大神社のお祭りの他にも、中央線沿線の地域では9月にお祭りがありますよ♪

例えば、国立市の谷保天満宮では、9月の下旬に谷保天満宮例大祭が開催されます。

そちらもぜひチェックしてみてくださいね☆
谷保天満宮例大祭2019屋台の出店や駐車場をチェック!万灯行列の時間は?
東京都国立市に鎮座する谷保天満宮では、毎年9月の下旬に恒例の秋祭り【谷保天満宮例大祭】を開催。 期間中は、神輿や屋台の出店のほか、万灯行列・獅子舞など見所が満載!多くの人が訪れる楽しいお祭りです。 ここでは早速、谷保天満宮例大祭...