小樽イルミネーション2016~2017の時間や見所は?おすすめルートも紹介

⇒2017年~2018年小樽ゆき物語イルミネーションの情報は、こちら

冬の小樽運河周辺を美しいライトアップで彩るイルミネーションイベント「小樽ゆき物語」。2016年~2017年にかけての点灯時間や、おすすめのルートなど楽しく観覧するための情報をご紹介していきます。
 


スポンサーリンク

小樽イルミネーション2016~2017の開催期間と会場について

今年のイルミネーション【小樽ゆき物語】は、2016年11月12日から開催。2017年2月12日まで実施予定となっているので、ゆっくり楽しめます。会場は、運河プラザをはじめとする小樽運河の周辺地域。JR小樽駅から徒歩7~8分という好立地のうえ、札幌中心街からも公共交通機関を使って1時間以内でアクセスできるため、自家用車のない方でも気軽にお出かけできる人気のスポットです。

イルミネーション【小樽ゆき物語】の見所について

小樽ゆき物語の見所といえば、やはり運河一帯のイルミネーション「青の運河」。橋や遊歩道などが全て青色系の光で統一されているため、とても幻想的です。また、運河プラザにある大きな「ワイングラスタワー」と「浮き球ツリー」も見逃せないスポット。写真撮影にも最適の場所です。とくにワイングラスタワーは、近くから見ると透明なグラスが何段も重なっているのが分かり迫力があるので、ぜひ遠距離と近距離の両方で見てみてくださいね。
 

小樽ゆき物語イルミネーション2016~2017の時間と注意点について

小樽ゆき物語イルミネーションの実施時間については各施設によって異なり、「青の運河」は日没から22:30まで、ワイングラスタワーなどがある運河プラザ周辺は16:00~24:00となっているそうです。また、注意すべき点としては「青の運河と浮き球ツリーは1月31日までで実施終了」ということが挙げられます。2月に入ってからだと観られないので、お出かけの際はお忘れなく。

まちごはんパスポートで小樽の飲食店探し

イルミネーション期間中、どの店に入って良いのか悩んだときは「まちごはんパスポート」におまかせ。そこでは計50店舗以上が紹介されているので、新しいお気に入りのお店を見つけるチャンスにもなりますよ。(これは余市との共同企画のため、余市のお店も紹介されています)美味しい食べ物を食べて、イルミネーションイベントをゆっくり楽しみましょう。
 

小樽イルミネーションのおすすめ観覧ルートについて

小樽でイルミネーションのおすすめ観覧ルートは、まず運河からスタート。運河を一通り歩き「青の運河」を存分に楽しんでから、運河プラザの「ワイングラスタワー」と「浮き球ツリー」を観覧し、写真をパチリ。その後、まちごはんパスポートで紹介されている気に入ったお店に行き、外で冷えた体を温めながら小樽グルメを堪能。締めは、JR小樽駅の「ガラスアートギャラリー」の観覧。そのまま帰りの電車に乗れるので便利ですよ。開催期間中、夜間は遅くなればなるほど冷え込むので、屋外の観覧はできるだけ早めにしておくと良いかと思われます。
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。