金櫻神社桜祭り2019見頃やライトアップ時間・屋台出店情報について

【最終更新日】2019/02/09

山梨県内で屈指の桜スポットとして知られる甲府市の金櫻神社。金運にご利益がある神社としても有名で、春には桜まつりも開催されるのでお花見に最適です。早速、金櫻神社の桜まつりについて、2019年の日程をはじめ桜の見頃やライトアップの時間、屋台出店などお花見情報についてチェックしていきます。


スポンサーリンク

金櫻神社の桜の見頃2019年はいつ?開花日・満開日について

ここ金櫻神社の境内の桜はウコンザクラという品種の桜で、例年4月中旬~下旬頃に開花し、4月下旬~5月上旬にかけて見頃を迎えるという傾向があります。開花タイミングとしては、甲府市内のソメイヨシノが開花してから25日ほど後が目安。2019年の甲府市におけるソメイヨシノ開花日について3月23日と予想が出ていますので、2019年の金櫻神社における桜の開花日は、4月18日~20日頃と予想。満開日は4月28日~30日頃になりそうです。ちなみに、金桜神社のウコンザクラは「5~6分咲きの状態」あたりが最も美しい時期とされています。2019年の見頃については、5~6分咲きの状態に当たりそうな4月23日~25日頃になりそうです。
 

金櫻神社桜祭り2019日程やライトアップ時間をチェック!

金櫻神社といえば、桜の季節に開催される恒例のお祭り【金櫻神社桜まつり】も見逃せません!期間中は、毎年のお楽しみ「桜ライトアップ」が実施されますので、夜間もお花見を楽しむことが可能です。桜まつりの日程は、例年4月29日~5月6日のゴールデン期間中に予定されています。ライトアップの日程は、例年4月28日頃~5月10日頃になっており、桜の見頃により若干変わることもあり。ライトアップの時間については、日没~22:00予定となっています。2019年はゴールデンウィークが10連休になるので、お出掛けにも最適♪この機会にぜひ夜のウコンザクラをお楽しみください。
 

スポンサーリンク

金櫻神社桜祭り2019屋台の出店&金櫻神社例大祭もチェック

金櫻神社桜まつりの開催期間中は、屋台の出店もあるので要チェック!たこ焼き、焼きそば、フランクフルト等、祭りでお馴染みのグルメが楽しめますよ。また、桜まつりの期間中にちょうど金櫻神社春季例大祭の開催もあり、さらに見所が満載に!無形文化財の「大々神楽奉納」や、温かい飲み物のサービス等もあります。この神社の御神木は「金のなる木の金櫻」と民謡にも唄われている金運上昇のパワースポットとなっており、桜が満開になる季節に御神木を拝み、水晶のお守りを受けると一生金運に恵まれると言われています。祭りにお出掛けの際は、是非チェックしてみてくださいね。
 


 
 

コメントは受け付けていません。