0120504427[ネットのサポートセンターを名乗る電話]0120-504-427詳細

ここでは、電話番号【0120504427】に関し、以下のような疑問点を解決していきます。

この記事で分かること
  • 電話の正体
  • 電話番号の口コミや評判
  • 電話を掛け直すべきか?対応方法について
もくじ

0120504427の正体は?

0120504427の電話の正体は、現時点でネットのサポートセンターを名乗る業者】のテレアポとなっています。

NTTやソフトバンクなど大手通信会社の名前を出し、「光回線の契約特典」等といった回線の乗換をすすめる営業を目的とし、一般家庭やオフィスの電話に連絡してくるケースがあります。

不在着信の履歴に残っていた場合は、取引中の回線業者に該当するのか「念のため」確認しておきましょう。

口コミ情報について

念のため、電話番号0120504427に対する口コミ情報についても調べてみました。

今のところ、ネット上では以下のような口コミ・評判を確認することができました。

口コミ情報その1

「インターネットサポートセンターです」と電話がありましたが、会社名もたぶん架空でしょう。以前のキャッシュバックについてと言ってましたが、そんなの知りません。すごく怪しさ満点の電話です。

出典元:https://www.jpnumber.com/freedial/numberinfo_0120_504_427.html

口コミ情報その2

ワン切りされた(公式がそんなことするか?)ので折り返すと、NTTコミュニーケーションズと名乗られた。
折り返しの電話のため、登録情報お調べしますとのことで、しばらく待ってると名前を言い当てられ、docomo光の契約特典の受け取りの話と言われる。
docomo光は契約してないと言うと、今回は特典の対象外なので失礼しますと言われる。

出典元:https://www.jpnumber.com/freedial/numberinfo_0120_504_427.html

口コミ情報によると「インターネットサポートセンター」という名乗る場合と「NTTコミュニケーションズと名乗る場合があり、正しい会社名が何なのか詳細は不明です。

光の契約特典やキャッシュバックを謳った、回線の切替を促す営業電話と推測することができます。

0120から発信される電話は、複数の会社が委託している「テレアポ用の番号」という可能性もあります。

この会社の独自の番号という訳ではない場合も考えられるので、「営業用の番号の1つ」としてマークしておくと良いでしょう。

電話を掛け直すべき?

今回の0120504427からの着信は、光回線に関する営業で緊急の用件には該当していません。

そのため、もし【0120504427が現在取引している回線業者の番号であることが確認できた場合は、興味があればお手すきの際に折り返しするといった対応方法で構わないでしょう。

そうでない場合は、新規顧客を獲得するためのテレアポとなりますので、電話の掛け直しは不要です。

一般的に、知らない電話番号からの連絡は、営業目的であることが殆どです。

営業目的の電話の場合、受電した側にとっての重要度・優先度はかなり低いと言えます。

限られた時間内で仕事をするためにも、重要な電話を厳選し、時間を効率よく使いましょう。

再入電をお断りしたい場合は?

2度目以降の電話が不要であれば、電話で直接オペレーターに「今後、電話をしないで欲しい」という旨を伝えるのが確実です。

そうすることで、「いらない」「契約しない」という意思表示が成立します。

意思表示が成立すれば、特商法第17条に定められた電話勧誘ルール「再勧誘の禁止」が適用されるため、業者側から勧誘電話をかけることは出来なくなります。

万が一、同様の電話がかかってきた場合は「前回はっきりとお断りした事」と併せて、上記の「再勧誘の禁止」の決まり事項について直接伝えましょう。

それと併せて、テレアポ用のリストから削除するよう伝えておくと、より確実に再入電を防ぐことが可能になるので、電話でのコンタクトを控えて欲しい場合にはおすすめです。

まとめ

今回のまとめ
  • 0120504427の正体は、インターネットのサポートセンターを名乗る業者
  • 特典やキャッシュバックを謳う光回線の乗換営業
  • 興味や心当たりがなければ折り返しの対応不要

以上、0120504427】に関する電話の情報をお伝えしてきました。

ここ最近も相変わらず、0120から始まるフリーダイヤルを使った営業電話・テレアポが目立ってきています。

一般家庭では、電話機の設定で着信拒否にする等の対応を行っている所も多くなってきましたが、お客様相手に商売を行っている個人事業主や会社などでは、そうはいきません。

一日何件も電話がかかってきて、対応すべき重要な電話と、単なる営業電話を振り分けるのは本当に大変だと思います。

そんな時、相手が誰なのか?どんな用件なのか?を素早く判断するため、この情報をお役立て頂ければ幸いです。

よかったらシェアしてね!
もくじ