05030982003[世論調査アンケートの自動音声電話]050-3098-2003詳細

05030982003は世論調査アンケートの自動音声電話

ここでは、電話番号05030982003に関し、以下のような疑問点を解決していきます。

この記事で分かること
  • 05030982003からの電話の正体
  • クチコミ情報
  • 掛け直すべきか?
もくじ

05030982003の正体は世論調査アンケート

05030982003からの電話の正体は、現時点で【世論調査アンケートの自動音声電話】と確認されています。

電話を取ると音声ガイダンス再生され、アンケートの説明や質問事項が流れるといった内容になります。

質問に対しての回答は、電話の番号ボタンを押して回答するという形式のものです。

こういった電話は、機械によって大量に発信されている可能性が考えられます。

05030982003の口コミ情報について

念のため、電話番号05030982003に対する口コミ情報についても調べてみました。

今のところ、ネット上では以下のような口コミ・評判を確認することができました。

口コミ情報

自動音声
世論調査と言うが、社名は言わない

出典元:https://www.jpnumber.com/ipphone/numberinfo_050_3098_2003.html

口コミ情報の内容からも、世論調査と称する電話であることが分かります。

アンケートの調査元について、会社名などの詳細情報は今のところ不明となっています。

調査元の分からない自動音声アンケートについて

最近は、調査元のはっきりしない自動音声アンケート電話が増えています。

このようなアンケート方式は、世論調査と称するものからネット回線、電力、助成金など、幅広いジャンルにわたって使用されています。

電話の発信方法は、機械によってランダムに抽出した番号に架電していくという「RDD方式」が主流になっているようです。

RDD方式を使うと、既存の電話番号リストに頼らず、固定電話や携帯電話の番号がランダムに生成されるため、新規に取得した「まだ誰にも教えていない番号」にも着信する場合があります。

基本的に、アンケートの調査元がはっきり分からない場合は、対応の必要はありません。

また、公的機関では、電話による世論調査アンケートを実施することは無いとの事です。

国や地方公共団体の職員、統計調査員等が、消費者に対し、電話や電子メールで個人や世帯の情報を調査することはありません。

出典:国民生活センターhttps://www.kokusen.go.jp/t_box/data/t_box-faq_qa2019_16.html

自動音声による世論調査アンケートは、どこかの民間業者が実施しているものとなります。

中には行政機関を名乗る紛らわしいアンケート電話もあるため、十分に注意しましょう。

電話を掛け直すべき?

今回の電話の趣旨は、自動音声による「世論調査アンケート」で、どこかの民間業者から一方的に発信されている連絡となります。

現時点でアンケートの調査元については、よく分かっていません。

そのため、電話番号050-3098-2003心当たりの業者であると確認できた場合に限り、アンケートに興味があれば暇な時に折り返しの電話をすれば良いでしょう。

心当たりが全く無い場合は、電話の掛け直しは不要です。

ちなみに、050から発信されている番号に折り返すと、かけ放題プランを利用していなければ、その都度「通話料金の負担」がかかります。

時間とお金を消費してまでアンケートに回答したい訳でなければ、その分の時間とお金を「より重要な仕事や家事のために活用」することをおすすめします。

05030982003の電話情報 まとめ

今回のまとめ
  • 05030982003の正体は、自動音声による世論調査アンケートの電話
  • 電話を取ると音声ガイダンスで質問が流れる
  • 心当たりの番号でなければ、折り返し不要

以上、050-3098-2003に関する電話の情報をお伝えしてきました。

最近は、050から始まる「IP電話」の番号を使った営業電話・テレアポが増えています。

一般家庭では、一括設定で着信拒否にする等の対応を行っている所も多くなってきましたが、お客様相手に商売を行っている個人事業主や会社などでは、そうはいきません。

一日何件も電話がかかってきて、対応すべき重要な電話と、単なる営業電話を振り分けるのは本当に大変だと思います。

そんな時、相手が誰なのか?どんな用件なのか?を素早く判断するため、この情報をお役立て頂ければ幸いです。

こちらの情報もよく閲覧されています。

よかったらシェアしてね!
もくじ